2022年01月18日のバンガード・米国生活必需品セクターETF円換算価格

VDC円換算 22,575.05-221.56 (-0.97%)

VDC $196.99 USD/JPY 114.60

2022年01月18日のVDC円換算価格

2022年01月18日のバンガード・米国生活必需品セクターETF円換算価格は22,575.05円です。前日に比べ-221.56円です。VDCの現地価格は$196.99。ドル円レートは1ドル114.60円です。

2022年のVDC円換算価格チャートは以下の通りです。

バンガード・米国生活必需品セクターETFとは

バンガード・米国生活必需品セクターETF (Vanguard Consumer Staples ETF) は米国の生活必需品セクターの大型株、中型株、小型株を網羅する、MSCI USインベスタブル・マーケット・生活必需品25/50インデックスに連動したパフォーマンスを目指すETFです。 経費率が年率0.10%と低コストに抑えられているところが大きなポイントです。

日本国内からはSBI証券などで購入することができます。

個人投資家にはインデックス投資が最適

「個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンドマネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス・ファンドを買ってじっと持っているほうが、はるかによい結果を生む」(バートン・マルキール「ウォール街のランダム・ウォーカー」)

インデックス投資家のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー」にも書かれているとおり、インデックス投資の安定性、収益性には歴史に裏付けされた結果が残されています。幅広く分散されたインデックス商品への積立投資こそが個人投資家の最適解ではないでしょうか。

最近10日間の価格推移

過去の平均価格

おすすめ書籍

個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンド・マネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス・ファンドを買ってじっと持っているほうが、遙かによい結果を生む」。インデックス投資家のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理 (日本経済新聞出版)」。インデックス投資家のバイブル「 つみたてNISAやiDeCoをつかって堅実に積立投資を始めましょう。